プリシラ・カーマイケル
センター・ディレクター

オーベリン大学音楽院で声楽とともに副専攻科目としてダンスを学ぶ。またオーベリン大学において英語を専攻。1993年に日本へ移住し、音楽と身体運動を取り入れた子供のための英語教室の講師を務める。2児の母親になってからは、日本の幼児のための質の高い音楽教育にそれまで以上に関心を抱くようになる。娘と一緒にEast Bay Music Together®(アメリカ、カリフォルニア州)に参加して感銘を受けた彼女は、2002年にアメリカに戻り、Center for Music and Young Childrenでトレーニングを受けた後、Music Together®の教師として登録し、活躍している。そして、2004年に Azabu Music Together を設立する。

 

アニー・ナイト
Teacher

アニーは、スコットランドの音楽が大好きな一家で育ち、そのにぎやかな家庭環境で音楽を愛し、音楽の道へ進みました。

幼少期から様々な種類の楽器を演奏、習う機会に恵まれ、最終的にはピアノとバロックリコーダーを選び、様々なチェンバーミュージックグループ等に参加してきました。マンチェスター大学で音楽を専攻し、パフォーマンスや作曲、音楽美学(哲学)等を学び、優等学位で卒業しました。正規な音楽を学びましたが、一番好きなのは日常的に音楽を楽しみ、音楽づくりの喜びをシェアすること。家族で歌ったり演奏したりして楽しむ時間が一番のお気に入りです。ジャンルにとらわれず、沖縄民謡から聖歌、ビリーホリデーからショパンまで、様々な音楽を聴いています。

2003年に来日し、2011年に娘を出産するまでは英語の講師をしてきました。娘が7ヶ月になった時にMusic Together®に参加し、すぐにレッスンや曲が好きになり、夢中になりました。子ども達とそのご家族に素晴らしい音楽体験をもたらすプログラムに出会ったことに感激し、すぐに講師になることを決意。2012年に東京での講師養成トレーニングにて講師資格を取得し、2013年に自分のセンターを国立に開講しました。 アニーはAzabu Music Togetherの一員としても、より多くのご家族とお会いするのを楽しみにしています。

 

ジョナサン・ボヤツィン
Teacher

カナダのトロント出身のジョナサン・ボヤツィンは、音楽に囲まれて育ちました。家ではいつも音楽にあふれ、歌やダンスが好きな父や母の影響もあり、9歳からはクラシックギターを始め、高校のコンサートではフルートやバンドの演奏を披露しました。世界の弦楽器を学ぶことは生涯の趣味であり、彼の音楽に対する想いは今もなお高まっていきます。

ジョナサンは日本に移り、愛媛で子どもの英語教室に音楽を積極的に取り入れました。その後、東京へ引っ越し、子どもの音楽レッスンや音楽療法を研究する中で、Music Together® に出会います。Music Together® 創設者の Ken Guilmartin による講師トレーニングに参加し、それが彼の講師として、そしてミュージシャンとしての転機となりました。彼は、さいたま市内の英語のプリスクールで Music Together® のプリスクール・プログラムや、親子 (混合年齢) プログラムをスタートしました。9年が経ち、レベル I の認定を取得した今でも、彼は Music Together® を愛してやみません。

彼は「僕自身、時々子ども達よりも楽しんでいると思います。幼い子ども達が自分で新しいことを発見し、家族が楽しく一緒に音楽を作る (Music Together!) 光景。こんな楽しいことに関われるなんて、素晴らしい仕事!」と言います。 彼のことは "ジョニー" と呼んで下さいね!

 

 

 

 

 

   
             
 
 
「Sticks Collectionのセッションに登録し、ほぼ全てのクラスに参加しました。3歳半の娘と私と、一体どちらが主役なのかわからないほど私自身とても楽しんでしまいました。いつもCDは2人で聞いています。娘は意識的にやっている時もあれば、無意識のうちに音楽にあわせてハミングしたり、歌ったり、踊ったりしています。日々の生活に音楽が戻ってきたことが本当に嬉しいです。 …Music Togetherはさまざまな研究をしていて、クラスでやっていることがきちんと理論的に裏づけされているところがとても気に入っています。ありがとう!」  ソナール